脳内ポイズンベリーの4巻ネタバレ&あらすじ感想!早乙女の気持ち

水城せとな先生の脳内ポイズンベリーの単行本コミックスの4巻です!

 

ネタバレ&あらすじをまとめていきます!

 

前回は、早乙女とのすれ違いや性格の不一致に疲れたいちこは別れを告げ、越智との結婚前提の交際を決意しました。

別れのメールに反応ない早乙女・・・果たして本当の気持ちは?

 

こちらから漫画の無料試し読みができます♪

 

以下のサイト内から作品名で検索してね

 

↓    ↓    ↓    ↓    ↓

 

脳内ポイズンベリーを無料試し読みする🔗

 

 

 

脳内ポイズンベリー4巻ネタバレ

越智さんと交際を決めたいちこは、約束の越智の実家へ2人で出かけます。

この時点で早乙女からの連絡はやはりありません。

 

越智は優しく、真面目で本当に心からのいい人。

だけどいちこにとってはときめきはありません。

だけど今は安定が大事……。

 

残念ながら越智の実家は留守だったため、挨拶はまた後日になってしまいました。

 

そして、あっという間にきた、挨拶リベンジの日。

 

越智が迎えにくる前にいちこが支度をしていると・・なんと別れたはずの早乙女からやっと連絡がきました。

 

なんと、いちこが送ったメールに消すはずだった本文の「1か月半待つからよく考えて」と書いてあったとおりに行動してきたのでした。

 

そして本当に一月以上も前の話なのですが、早乙女は「いちこが好きだから」やり直すために会いに来たのです。

 

再び慌て出すいちこの脳内。

安定を思えばこのまま越智と付き合っているのが一番いい…だけど、早乙女が好き。

 

こうしていちこは、越智と実家にいく約束をしていた日に、見事に越智を裏切り、早乙女と再び結ばれます。

 

当然、このあと越智はいちこと早乙女に呆れてしまいます。

 

そして、

「さすがにやりかたを考えてほしかったけどね」と苦言!

 

大人のプライドもズタズタの展開になってしまいました。

 

だけどやっぱり、いちこは早乙女が好きなんでしょうね。

 

スポンサードリンク


 

 

早乙女とのラブラブ生活

 

「俺たち共犯者だね。越智さんに悪いことした。一緒に罪を被ろう」

と、早乙女のちょっとガキすぎる臭いセリフに

いちこの脳内はぞっとしつつ(笑)

 

初めてきちんとしたラブラブな日々が続きます。

 

早乙女も本当にいちこのことを想っているのが伝わる展開。

 

だけど、やっぱり早乙女は心のどこかで自分のアーティストとしての才能にコンプレックスを持っていることを感じます。

 

いちこの小説が世に出て成功していることに嫉妬している態度をあからさまに出す早乙女。

いちこはフリーターの立場で夢を成功できていない早乙女にかなり気を使って会話をしています。

 

さらにイライラしている早乙女に、いちこは早乙女が苦手なキャベツを食べさせようと料理に気を使ってロールキャベツを作りますが、そのことにも激怒!

 

ですがコミックス終盤で早乙女は、自分が昔天才と呼ばれていたこと、だけど今はフリーターで何もできていないこと・・その本心を語ります。

 

そしていちこに、

「俺のこと理解してくれる人じゃないと無理」

と言っていちこを試します。

 

いちこも、今の現状があまりよくないことは分かりつつも、やっぱり早乙女が好き。

 

「理解者になれるように頑張りたいって思ってるよ。早乙女のこと好きだもん・・」

 

こうして、再び2人の関係がうまくいったところで脳内ポイズンベリー4巻は終了です!

 

だけど、いちこが超無理をしながら付き合っているのが分かる…。

脳内ポイズンベリー5巻につづく!!