アイラブユーベイビー3巻ネタバレ&あらすじ&感想(小森みっこ)

全巻集めている大好きな漫画のご紹介です。

 

今回は、マーガレットで人気連載していた小森みっこ先生の、アイラブユーベイビーのコミックス3巻のネタバレ&あらすじになります。

 

コミックス3巻はドッキドキの急展開ありの、美玲と智くんの関係が変化するところなので、読んでいてニヤニヤが止まりませんでしたw

 

ここからネタバレになっていきますので、先に無料試し読みをしたい方はこちらからどうぞ♩

 

今ならこの漫画が以下のU-NEXTで31日以内なら全巻無料で読むことができます♩(H30年4月時点)

 

人気漫画もたくさんあるし、映画・アニメも見放題なので超おすすめです!

 

アイラブユーベイビー3巻を無料試し読みする

 

 

 

 




3巻ネタバレ&あらすじ

 

花火大会の約束を守れなかった美玲ですが、自分の気持ちをお母さんに言えたこと、これからもきちんと伝えることを頑張ると決意します。

 

そんなある日、美玲のお母さんが家に遊びにきていたママ友に智くんのことを「不審な中学生がいた」と悪口を言います。

 

花火大会の日に鉢合わせしているので、そのことを言っているんですね…。

 

それを聞いて美玲はお母さんに怒って、

「智くんのことを悪く言わないで」と反発します。

 

それにより、お母さんに美玲と智の関係を知られてしまうことに…。

 

美玲は自分がいつまでも弱いばっかりじゃだめなんだと、決意をして、これから学校帰りは自分1人で帰ることを決意し、どんどん大人になっていきます。

 

花火大会の8月から智くんに会えない日々が続き、中2のクリスマスは智によく似た人を追いかけ、やっぱり智くんに会いたいと思う美玲。

 

そして高校3年生の春。

 

会えない日々が続き、約束の桜も美玲は家の都合で待ち合わせ場所に行けませんでした。

だけど、桜の時期が過ぎたころに、偶然家に1人でいる時間がやってきて、意を決して美玲は1人で智くんと桜を見たあの場所へいきます。

 

もう時期は違うので、智くんはいるはずないのだけど・・それでもいきます!

 

すると施設の関係者に美玲は見つかってしまい

「やばい!」と思っていると・・・

「こっち!!!」という声で、

腕を引っ張るパーカーのフードを被った男子高校生。

 

背が伸びてかっこよくなっている智くんの姿が!

 

再会した二人

 

久々の再会に喜ぶ二人ですが、智くんがあまりにも背が伸びてかっこよくなっているので、美玲はなんだかいつもの調子ではいられない様子です。

 

それでもやっと再会できたので、智の提案から智が通う学校の中に忍び込むことに…。

美玲は他校生なので、本当は入ったらまずいんですけどねw

 

下校時で人は少ないし、美玲は智の学校の生徒のふりをして、誰もいない教室に智と入ります。

 

もし、お互いがクラスメイトだったら、こんなかんじかな?なんて美玲は想像してドキドキ。

やっぱり智くんを見るのが以前より恥ずかしくなっています。

 

一方で、智のほうは・・。

あの花火大会から半年以上の間、ずっとやはり美玲のことを想っていました。

 

だけど、久々に再会した美玲の様子がおかしいことに戸惑っています。

 

戸惑いから、「護身術の練習ちゃんとやってる?」と智の提案で、二人は久しぶりに向き合っていつもの護身術の片外しをすることにw

 

だけど、智くんの身長が大きくなっていることに美玲が意識してしまい、二人とも見つめあってドキドキ・・。

 

体も触れ合っているしついドキドキして智くんはこう言います。

 

「えっと・・美玲ちゃん髪伸びたね」

 

その言葉にドキッとした美玲は一気に意識してしまい、向き合っていた智くんをトンと突き放します。

智くんは突き放されたことを「拒絶」だと受け止めて、ショックを隠しきれません。

 

そんなことをしていると、智のクラスメイトの女子が急に教室にやってきたので、美玲は教室の教卓の中に隠れました。

 

クラスの女子と智の会話を中で聞いている美玲・・。

「でもさ、本当に智背が伸びたよねー!」

「バスケ部のまりちゃんが、智のこと最近いいなーって言ってたよ!」

「今呼んでくるから一緒に帰りなよ!」

 

やっぱり智くんモテはじめた!!(笑)

だって本当にかっこいいもん。これでモテないとかありえないです!w

 

だけど智くんはそれを迷惑!と言いたそうなくらい、適当にあしらいます!

 

そして連れてくるねーと言って立ち去った女子を確認して、美玲のいる教卓に・・。

 

「あたし・・帰るね」

 

自分は外出すらできないくらいなのに、智のクラスメイトの女子は可愛いカーディガンを着て、短いスカートを履いて、それがすごく羨ましかった美玲。

 

智くんとお似合いの本物のクラスメイト・・。

そんな黒い気持ちがもやもやしています。

 

「やっぱり、俺のこと怖い?」

 

美玲に意識してほしくて頑張っていたことも、美玲にとってはマイナスにしかならなかったのか?と智くんは落ち込みます。

 

「帰るなら、傘とってくるからまってて」

そう言って智くんが立ち上がったとき、美玲はぐんと智の制服のネクタイをひっぱります。

 

そして女子達が再び教室に智を探しにきたので、二人で一緒に教卓に隠れます。

 

超密着する距離ですが、美玲ちゃんしっかり智くんを見つめています(笑)

 

そして、その距離のまま

「怖い・・なんて思わない。小さいほうがよかったなんて思ってない。智くんは智くんで、かわらないから・・」

と必死に訴える美玲。

 

「俺は・・・変わりたいって思ってる。今までと同じじゃ嫌なんだよ。・・美玲ちゃん、俺のことちゃんて見て」

 

友達としてじゃなくて、男としてみてほしいという男らしい言葉にキュンキュンします(照)

 

帰り道についに2人の距離が…!

 

帰り道。

 

「あの、ジャージありがとう。洗って返すね」

と歩きながらいう美玲。

 

「いいよ、そのままで・・。次いつ美玲ちゃんに会えるかわからないし・・」

 

確かに今の美玲の状況では家を簡単にはでれないので、仕方がないですよね。

 

智くんがそう答えると、美玲が思わぬ言葉を!

 

「あたし・・桜、本当に楽しみだったの。智くんに会えるって思って。またあたし全然だめだったけど・・。たとえば、今日なにがあったとか、何食べたとか、嬉しかったこと、ささいなこと、もっと智くんと話したい。……あたし!みてるよ、ちゃんと、智くんのこと!!

 

美玲の必死で泣きそうな表情に、智くんも衝撃をうけます。

 

そして…

「美玲ちゃんの話、俺にも教えて」

そう言ってにっこり笑います。

 

そしてめでたく二人はこれから一緒に帰る約束をします。

もっともっと二人の時間ができるように…!

 

もちろん美玲のお母さんには秘密ですけどね…。

でも子供だった2人がやっと恋愛の一歩を踏み出したというシーンでもあり、読んでいてかなりドキドキしました。

 

アイラブユーベイビー4巻では、だんだん2人の付き合いも大人になっていく発展が見られるので、最終回結末も含め、ぜひおすすめです♩