三日月と流れ星の2巻や全巻を無料で読む方法!おすすめ純愛マンガ

漫画オタクが読んで面白かった恋愛おすすめ漫画を紹介しています。

今回は、三日月と流れ星のネタバレとあらすじです。

 

三日月と流れ星といえば、ベイビィラブなどの作者の椎名先生の漫画ですね。今もこんな面白い作品を書いてるんだーとすごく嬉しくなって集めてみました♩

 

 

三日月と流れ星の2巻や、好きな巻を無料で読む方法についてを以下でご紹介しています。

無料で読みたい人は参考にしてください♩

 

漫画を無料で読む方法はこちら🔗

 

それでは、漫画オタクが現在大人気のこちらの作品の見どころをネタバレします!

いざ、漫画オタクの感想をチェック♩

三日月と流れ星の2巻ネタバレとあらすじ

 

充希は、隆聖を一途に思い続けていましたが2人だけの秘密の場所だと信じていた図書カフェに、突然隆聖の彼女がやってきたことでショックを受けて泣いてしまう充希。

 

その場ですぐに息子の玲於が充希の迎えにやってきて慰めます。

 

三日月と流れ星の漫画2巻では、冒頭で隆聖が彼女と別れたことがわかります!

隆聖自身も大切にしていた図書カフェでしたが、彼女に不本意で知られてしまったことで、おそらく自分が心から彼女に心を許せていないこと、未来がないことに気が付いたようです。

 

そのことを充希に伝えようとする息子の玲於ですが・・

どうやら玲於ほうが充希のことが

だんだん気になっている様子!

 

いつもぶっきらぼうで、口はスペシャル悪いし、いじわるばかりしますが、肝心なときはいつも充希の味方になってくれている玲於。

個人的には年下だけど、全然いいと思います(笑)

 

玲於のほうは充希のことが気になっているので、なんとなく隆聖と彼女が別れたことを充希に言えずにいました。

 

大ちゃんの登場で隆聖も自分の気持ちに気づく

 

バツイチで年も18歳も年上の隆聖。

さらに、嫁を亡くしているので、もう一生誰とも結婚をしないと決めている。

 

それでも、本の趣味があったり、本当の自分をなんとなく見せることのできる充希を、隆聖はいつのまにか大切に思っていました。

 

充希に接近する大ちゃんにヤキモをやいたり、実の息子のほうが自分よりもだんだん充希と仲良くなっていることにもヤキモチ。

 

これって・・・もう好きってことだよね?

三日月と流れ星の2巻では、充希と隆聖の恋が一気に加速します。

現在、漫画の単行本は最新刊5巻まで発売されていますが、どれも切なさいっぱいで胸がぎゅっとなるシーンがたくさんあります。

 

切ない純愛ものが読みたい人におすすめの作品なので、ぜひおすすめです!