恋は雨上がりのように漫画2巻を無料で読む方法!最終回結末は?

全巻読んで面白かった漫画を紹介しています。

今回は恋は雨上がりのようにの漫画が面白いと評判ですのでネタバレしていきます。

 

 

実写映画にもなりましたが、最終回結末がとても気になる作品ですよね。

 

女子高校生と冴えないファミレスの中年の店長の恋。

実写版では大泉洋さんだったので、すこし素敵でしたが、漫画の原作ではまさに「冴えないおっさん」なので、こっちのほうがリアリティがあって個人的には好きでした。

 

ネタバレ前に、こちらから恋は雨上がりのようにの漫画2巻や、その他の好きな巻を無料で読む方法についてを以下でご紹介しています。

無料で読みたい人は参考にしてください♩

 

漫画を無料で読む方法はこちら🔗

 

それでは、漫画オタクが現在大人気のこちらの作品の見どころをネタバレします!

いざ、漫画オタクの感想をチェック♩

恋は雨上がりのようにのネタバレと魅力

 

女子高校生がコンビニの冴えないおっさん店長に恋をする!!

 

主人公は、橘あきら17歳。

黒髪ストレートの美人で、ちょっとクールな普通の女子高校生です。

 

そんなあきらは、バイト先のファミレスの店長に片思いしています。

このファミレスの店長が・・・よくありがちな40代なのにダンディーでイケメンで!!というわけではなく(笑)

 

何と言っても冴えない!!

とにかくイケメンでもなければ、仕事ができるバリキャリな上司というわけでもない!!

さらに後頭部のうしろに十円ハゲもある45歳のただのおっさんなのです(笑)

 

近藤正巳45歳。

実写映画ではこの近藤の役を大泉洋さんが演じています。

 

漫画での近藤正巳店長は、実写よりもうちょいキモくて・・・ほんとにイケてないんだけどあきらは店長が大好きです。

 

この漫画の面白いところは、店長からすればあきらは普通の若い女子高校生なので、おじさんである自分のことをまさか恋愛として好きなわけないと思っていて、それどころか最初は「虫けら」のように思っているだろうと自分で勘違いしているところです。

 

まさに普通のおじさん目線の感覚がそのまま描かれていて、本当にリアル。

 

最終回結末は?!

 

恋は雨上がりのようには、あきらが店長に告白してから一気に話の方向が変わっていきます。

 

あきらは美人で綺麗な女の子。

店長は対照的に、冴えない万年店長で、45歳のおっさんで、しかもバツイチ子持ちです。

 

普通だったらあきらのような女の子に好かれて、喜ばない男はいないはず。

 

それでも、店長はきちんと大人の男として対応します。

その誠実さが、本当にあったかくて、読んでいてなんだか泣きたくなりました。

 

怪我でやめていた陸上を再び始めてみようと前をむいたあきら。

 

店長の優しさは、傷ついたあきらの心を癒し、強くしてくれたんですね。

 

愛と勇気と、優しさがたくさんつまった作品。

最終回結末は本当に感動するので、是非読んでみてください。