ママレードボーイ最終回結末とネタバレ!2巻を無料で読む方法

読んで絶対に後悔しないおすすめ少女漫画を紹介しています。

今回は、ママレードボーイ(吉住渉)のネタバレと、美希と遊の最終回結末についてです♩

 

 

ママレードボーイの2巻やその他の好きな巻を無料で読む方法については、以下で詳しくご紹介しています!

 

やり方は無料でもらえるポイントを使って読む方法なので、安心してくださいね♩

 

漫画を無料で読む方法はこちら

 

それでは、漫画オタクが現在大人気のこちらの作品の見どころをネタバレします!

いざ〜おたくの世界へレディゴー!!

 

ママレードボーイのネタバレとあらすじをまとめ!

 

主人公の小石川美希は、両親の離婚から突然同居することになった松浦遊と出会い、恋に落ちます。

 

家族構成はすごく複雑で、漫画を読んでいくとわかるのですが、美希の両親と遊の両親がお互いにカップル交換のような形で再婚し、美希たちは松浦家とみんなで暮らすことになります。

 

遊も美希のことを意識しだし、一見甘く、優しい人に見える遊ですが、じつは心に深い傷を持っていることがわかり、そんな遊を支えながら愛を築いていきます。

 

ママレードボーイの見どころとしては、美希と遊の「義理の家族」という関係上からの1つ屋根の下に住んでいるという設定のドキドキ感。

 

さらに美希たちを取り巻く友人たちの恋が意外と切なく、面白いのです。

 

たとえば、美希の親友の芽衣子は学校の先生と密かに交際中だったり、この2人の恋が切ない。

 

さらに、美希の男友達の銀太は遊と正反対の性格をしていながら、美希に昔から恋心を抱いていたりします。

 

この銀太と美希の過去のすれ違いのエピソードもママレードボーイファンにとっては見所の1つです。

 

20年以上も前の漫画作品なのですが、

当時も現代もおそらく読者の感覚は変わらないんじゃ?

と筆者は感じるほどに、

本当に恋愛漫画としてはおすすめの作品です。

 

実写映画化されるということですが、断然原作のほうが絶対に面白いので、ファンとしては実写化に少し複雑な心境・・・。

ママレードボーイの最終回結末のラストが切ない!

 

さて、ママレードボーイは通常コミックス版では全8巻で完結です。

 

8巻までラブラブだったはずの遊と美希。

 

しかし突然、遊はある秘密を知ってしまい美希に別れを告げます。

 

いきなりの別れの言葉に理解ができない美希は、泣いてすがり遊に別れたくないと言います。

 

それでも遊の気持ちは変わらず…高校を卒業して、遊は美希と別れ県外の大学へ行ってしまうのです。

 

ここで最終回結末までに非常に切ない展開として、美希は遊のことを一生懸命忘れようと、新しい大学生活を必死に楽しくおくろうとします。

 

それでも、過去に遊と関わりのあった銀太カップルをみて切なくなったり、どうしても遊のことが忘れられない美希。

そのことを親友の芽衣子に告げます。

 

親友の助言から、思い切って遊に会いに行くことを決意した美希。

 

「帰れ」とつっぱねられるかも?

新しい彼女がいるかも?

 

様々な不安を抱えたまま、8巻で遊との再会へー・・・!

 

再会した遊は、突然の美希の訪問に驚き、新しい彼女ができたと美希に嘘をつきます。

 

それを聞いた美希は当然ショックをうけ、諦めて帰ろうとするのですが、遊も泣いてしまう美希への思いが止まらず・・・!

 

すべてが遊の嘘であり、今でも遊は美希のことが好きだということがわかります。

 

でも、それなのに別れを告げた理由。

彼女がいると嘘をついてまで美希を諦めさせようとした理由。

 

それは、美希と遊が「血の繋がった兄弟」だという可能性があるからでした。

 

しかしラストの結末では、美希と遊は2人の愛を貫き、ハッピーエンドで幕をとじます。

 

本当に、本当のハッピーエンド。

ラスト結末のシーンは本当に感動するので、ぜひ読んでみてほしいです!