花と落雷のネタバレと2巻無料試し読み!あらすじと最終回結末は?

読んで面白かった恋愛少女漫画を紹介しています♩

今回、読んだのは花と落雷です!ネタバレあらすじと、2巻を無料で読む方法をご紹介するよ♩

最終回結末についてもちょこっとネタバレしちゃいます。

 

 

花と落雷の2巻やその他の好きな巻を無料で読む方法については、以下で詳しくご紹介しています!

 

やり方は無料でもらえるポイントを使って読む方法なので、安心してくださいね♩

 

漫画を無料で読む方法はこちら

 

それでは、漫画オタクが現在大人気のこちらの作品の見どころをネタバレします!

いざ〜おたくの世界へレディゴー!!

 

花と落雷のネタバレとあらすじ!

 

主人公、二村 海美帆(ふたむら うみほ)は高校1年生の女の子。

 

クラス合同授業で隣の席になった南百瀬 友見(なもせ ともみ)くんに密かに恋をしていますが、成績の悪い南百瀬くんは別のクラスへ異動してしまい、軽い失恋を味わっていると…。

 

有言実行委員会の委員長と名乗る女子、愛崎 八千代(あいさき やちよ)から突然話かけられ、南百瀬くんに想いを伝える協力をすると勝手に断言されてしまいます。

変わり者で強引な八千代に、内気な海美帆はたじたじな様子…。

 

過去の恋愛がトラウマで前進できずにいる海美帆ですが、ポジティブ精神の八千代に後押しされ、南百瀬くんとの距離を縮めることができます。

 

ある男子の存在が自分を変えたと話す八千代は明るい笑顔を見せますが、八千代の笑顔の裏には何か大きな悩みがありそうな予感です。

 

そんな八千代の後押しが海美帆を強くしていき、ついに南百瀬くんに告白しようとしますが…。

南百瀬くんの幼なじみの子が南百瀬くんに告白すると聞き、海美帆は八千代の前で泣きだします。

そして八千代の励ましで、ついに南百瀬くんに告白できた海美帆…。

残念な結果にはなったものの、このことがきっかけで海美帆と八千代に友情が芽生えます。

悩みを抱える転校生!さらに芽生える友情と新たな恋心

 

ある日、海美帆は学校で見知らぬ男子とすれ違い、彼の落とした生徒手帳を拾います。

彼の名は、四宮 詩朗(しのみや しろう)といって、海美帆のクラスへやって来た転校生でした。

 

四宮くんは、みんなに話しかけられても笑いもせずろくに会話もせず、クラスの中で浮き始めます。

 

そんな四宮くんの姿がなぜか無性に気になってしまう海美帆は、八千代との買い物帰り、道端で犬に話しかけている四宮くんを見つけます。

 

八千代が悩み事があるのでは…と問うと、四宮くんが人見知りであることを知ります。

有言実行委員会の活動拠点である屋上で四宮くんを待ち続ける日々の、海美帆と八千代。

 

ついに四宮くんが2人に心を開き現れてくれますが、タイミング悪くクラスメイトの市川 大智(いちかわ だいち)が現れ、迷い犬を探してほしいと依頼を受けます。

 

この事を逆手に取った八千代は、海美帆も四宮くんも有言実行委員会に所属する者と勝手に決めて、みんなで犬を探すことに!

実はその犬、いつも四宮くんが話しかけていた犬であり、四宮くんのおかげで見つけ出すことができて、いいやつだと言ってもらいます。

 

市川くんにそう言ってもらえた四宮くんは海美帆と八千代に、市川くんと友達になりたいと依頼をし、2人は四宮くんの願いを叶えるべく協力することになります。

 

犬のお面を付け、教壇でもう一度、言えなかった自己紹介を始める四宮くん。

いつも話しかけてくれた市川くんに謝罪と感謝を伝え、友達になってほしいと願い出ますが…断られますw

そんな残酷なストーリーなの?!と一瞬、ドキッとしてしまいましたが、市川くんはやっぱりいい人!裏切りませんでした(笑)

 

市川くんは、四宮くんのイメージからは想像できないような出来事にキモイと大笑いし、手を差し出し握手してくれます。

 

大成功とまでは言えないけれど、四宮くんの一歩前進を達成することができた海美帆と八千代は、四宮くんから感謝されます。

ところがなぜか、嬉しそうに笑顔を浮かべる四宮くんの姿に胸がドキドキする海美帆。

 

ある日の学校で、海美帆は南百瀬くんと2人きりで話す機会があり、南百瀬くんを気遣い自分にも好きな人ができたと嘘をつきます。

ちなみに自分はすぐに振られてしまったと話す南百瀬くんは、それを聞きどことなく寂しげな様子…実は海美帆を好きになっていた様です。

 

その後、四宮が現れ、以前告白したが振られてしまった相手だと話す海美帆に、ドキッとする発言をする四宮くん。

海美帆はその瞬間、自分の気持ちに気づいてしまい赤面してしまいます。

 

一方、どこか元気のない八千代。

彼女の笑顔の裏に潜む悩みとは一体?!

 

海美帆と四宮くん、そして南百瀬くんの三角関係になりそうな予感…。

2巻で最終回となりますが、心温まる少女漫画にしては珍しいジャンルで、非常に泣けるラストとなっています。

持っていて後悔しないと思う作品です。