嘘つきボーイフレンドのネタバレあらすじ!2巻を無料で読む方法は?

読んで面白かった少女漫画を紹介しています♩

 

今回は、嘘つきボーフレンドのネタバレとあらすじです!

 

 

こちらの作品の2巻やその他の好きな巻を無料で読む方法については、以下で詳しくご紹介しています!

 

やり方は無料でもらえるポイントを使って読む方法なので、安心してくださいね♩

 

漫画を無料で読む方法はこちら

 

それでは、こちらの作品の見どころをネタバレします!

 

嘘つきボーイフレンドのネタバレとあらすじ!

 

榊 直哉(さかき なおや)28歳、悠斗(ゆうと)17歳、颯太(そうた)14歳は、イケメン仲良し3人兄弟です。

 

長男の直哉は他界した両親に代わり、探偵の仕事で生計をたてながら年齢の離れた弟たちを育ててきました。

真面目で優しい直哉ですが、少々プレイボーイな部分もあり…。

 

次男の悠翔は都会の一等地に立つ中高一貫校に通う高校生ですが、そこはお金持ちしか通うことのできないセレブ校であり、貧乏な榊家には似つかわしくない学校です。

 

しかし、そのルックスのおかげで女子のハートをわしづかみにし、校門でスーパーのチラシに見入っている姿でさえ熱い視線を浴びています。

 

それなのに鈍感な性格の悠斗は、女子から嫌われていると感じているのです(笑)

 

三男の颯太はヤンチャでかわいい甘えん坊で、悠斗のことが大好きでいつもくっついています。

 

そんなある日!!

いつまでもそんな生活のままではいけないと決心した悠斗は、直哉の仕事の手伝いをすることになります。

その仕事とは“別れさせ屋”でした。

 

依頼人から指定された男女を別れさせる仕事で、工作員はターゲットに本気になってはいけないというルールもあります。

 

最初の仕事は、依頼人の夫で悠斗の学校の教師である藤木 省吾(ふじき しょうご)と、その浮気相手で教育実習生である麻倉 まり(あさくら まり)を別れさせることでした。

 

まりの心を自分へ向かせるよう仕向けろと言う直哉ですが、実は女性慣れしておらずむしろ女性が苦手な悠斗は悩みます。

 

直哉の指示でバーテンダーに変装した悠斗は、まりに近づきます。

そして、さっそくまりの心をとらえた悠斗ですが、まりに強引にトイレへ連れ込まれ襲われそうになります。

 

まりに襲われそうになりながら、幼き頃にお姉ちゃんと呼んでいた女の子に自分の大切な部分をイタズラされてしまったトラウマが脳裏によみがえった悠斗は助けを求めますw

 

悠斗の情事をマイク越しに聞くハメになった直哉ですが…。

悠斗にありえないアドバイスをして、まりから悠斗を救います(笑)

 

このあたり、かなりコメディータッチですが、読んでいて悠斗がかっこよすぎるのと、3兄弟のノリがつい面白くて読んでしまいましたw

3兄弟のイケメンぶりがヤバい!

 

一方、颯太は女装させられ女子高生の姿で省吾に近づきます。

お酒を飲まされ、目が覚めるとラブホテルのベッドの上にいた颯太は、省吾から完全に女の子だと思い込まれ襲われそうになり…。

その瞬間、悠斗たちが部屋へ飛び込みピンチを救います。

 

直哉、まり、そして依頼人である省吾の妻までもが一斉に集まり、仕事はなんとか無事終了!

 

危険な場面に遭遇することもあるけれど、人から感謝されることもあるこの仕事をもっとやってみたいと感じた悠斗は、家計の為だけでなく自分の意思で次々仕事に取り掛かります。

 

時には依頼人が同じ学校の男子生徒であり、好きな女子が悪い男ばかりと付き合うことが見ていられず別れさせてほしいとお願いされ、仕事も成し遂げつつその男子と女子のキューピットになりカップルにさせることに成功したり…。

 

そんなこんなで日々忙しく過ごすようになった悠斗に、颯太は心配し寂しさを感じます。

悠斗の愛を知った颯太は、嬉しくてはにかみます。

 

ある日の探偵事務所、人気モデル三浦 陽菜(みうら ひな)と、アイドルグループの桜井 大智(さくらい だいち)の熱愛発覚のニュースを見ていた榊兄弟は、突然現れた大智の熱狂的なファンの女性から2人を別れさせてほしいと依頼を受けます。

 

ドラマのADとして撮影現場へ潜入した悠斗は、そこで陽菜に気に入られてしまうのですが、ターゲットであるはずの大智のほうも悠斗を気に入ってしまいますw

そして大智も同じ高校に転入してきて、別れさせ屋の手伝いをすることに(笑)

 

この嘘つきボーイフレンドでは、いろんな女子から迫られる3兄弟たちの過去の女に対する闇と、今後ちゃんと女の子と恋愛をするのかが気になる作品!

 

個性豊かな3人の兄弟愛にキュンとさせられたり、ちょっとボーイズラブ的な部分にドキッとしてしまいます♩

是非読んで見てくださいね!