14歳の恋ネタバレとあらすじ!2巻無料試し読み!(水谷フーカ)

面白いおすすめ恋愛漫画を紹介しています!

今回は「14歳の恋」のネタバレとあらすじです。

漫画家さんは、水谷フーカ先生です♫

 

独特な切なくて儚い思春期時代を描いた名作!

 

ここから「14歳の恋」が無料試し読みできます!

書店ではなかなか売ってない「14際の恋」の購入もできる人気電子書籍サイトです♩

 

以下のサイト内から作品名で検索!

 

14歳の恋を無料試し読みする🔗

 

14歳の恋のネタバレとあらすじ!

 

2年B組の田中彼方と吉川和樹は、小学生からの友達です。

お互いにまだ子供のときからの名残で、2人でいるときにはありのままの小学生時代のような子供のまんなの自分でいられる関係。

 

そんな田中彼方と吉川和樹は、身長が高く、見た目が大人っぽいことからクラスのみんなからは「大人っぽい」と思われています。

 

そのイメージを崩さないように、お互い以外の前では「大人っぽいふり」を演じていました。

 

今までは2人で待ち合わせをして、階段の踊り廊下で話をしたり、みんなにバレないように2人の時間を過ごしていたのですが、だんだんと2人でいるたびにお互いを意識していきます。

 

そんな2人は、自分のことを「子供っぽい」と思っていたのに、いつしか相手を意識することによって、とっくに「恋」をする歳になっていたことに気がつきます。

 

そして・・・・・・2人の関係は、ただの「子供」だった関係から徐々に変わっていったのです。

 

14歳の恋を無料試し読みする

上記の無料サイト内から「14歳の恋」で検索してね

 

初めてのキスをしたふたり

 

ただの友達だった関係から、キスをして特別な関係になった2人。

14歳ならではの思春期まっさかりのドキドキがここからスタート!

 

たとえば、中学生時代には誰しもがドキドキだった学校のプールの授業。

田中彼方は、女子のわりに発育がいいので、他の男子たちが騒いでいるのが気になる吉川和樹。

 

和樹は彼方の胸元をちらっとみて顔を赤らめ、タオルを「着とけって」と言うのですが、そのシーンがもうかわいくてニヤニヤしてしまいますw

 

この14歳の恋という漫画では、お互いに教室でるときも意識しまくりなのに、それを態度に出さずに大人のふりをしているのが面白いです。

 

頭の中では目があっただけで2人ともめっちゃくちゃ喜んでいるのにね(笑)

この自然なかんじの甘酸っぱさが、大人の筆者でも読んでいて青春を思い出してキュンキュンしましたw

 

初めてのデート、初めてお祭り、初めてのおんぶ・・・そして初めてのお揃い。

 

大人のふりを演じていたはずの二人が、もうポカーフェイスじゃいられなくなっていきます(笑)

 

1巻の後半では、彼方がクラスの女友達からロングの髪をアップに縛ってもらうシーンがあるのですが、その彼方の髪型をみて、うなじにどきっとした和樹。

 

14歳でもやっぱり思春期の男の子だなっていう反応と行動をとってしまいますw

 

漫画のコミックスが2巻以降に進んでいくにつれて、2人の関係がどんどん発展していくので、2巻以降は超おすすめです♩