ハニバニ!のネタバレとあらすじ!2巻が無料試し読みできる!

おすすめの漫画を紹介しています♩

 

今回はいくえみ綾さんのハニバニを読んだネタバレとあらすじです!

いくえみ綾ワールド全開ですので、ファンの方は必見です♩

 

 

ハニバニの2巻や好きな巻を無料で読む方法については、以下で詳しくご紹介しています!

 

やり方は無料でもらえるポイントを使って読む方法なので、安心してくださいね♩

 

漫画を無料で読む方法はこちら

 

それでは、漫画オタクが現在大人気のこちらの作品の見どころをネタバレします!
 

ハニバニのネタバレ!

 

兎野 ちよ(うの ちよ)は、好きな男子に「うす気味わるい」と言われてしまった女子高生。

さらに、彼のことを密かに「心サマ」と呼んでいたりする、ちょっとメルヘンな女の子です。

 

そんな心サマこと、毒舌を平然と吐く椿 心(つばき しん)は、中身以外はすべてにおいて完璧なイケメンであり、ちよは高校1年の頃からずっと片思いをしています。

ヤることはヤっておいて、誰とも付き合おうとはしない最低な椿。

 

幾度となく酷い言葉をを浴びせられるちよは、その度に心の中で椿を葬ります。

ときに強く、「あいつをころしてください」と何かに願うこともありました。

 

それでも椿への想いを諦めきれず途方に暮れていました。

 

そんなある朝…

ちよは学校へ向かう途中、草むらで傷つき飛べなくなった小鳥を見つけます。

 

その小鳥を助けようとしたちよ。

しかし、滑って転んでしまい、その拍子に草むらの中で女とイチャつく椿と目が合ってしまいます。

 

更に残念なことに、転んだ拍子に小鳥を潰して殺してしまったのです!

 

椿も、ちよが小鳥を潰したことに気がついた瞬間…!

ぶわっと光に包まれたちよと椿。

 

その瞬間、椿が倒れてしまいます。

そして次に目をさまし、ちよに話かけた椿は…もう元の椿ではありませんでした。

 

「あなたのパワーを借りて、この体になれましたっ」

 

椿にのりうつったのは、宇宙船の操縦を誤り地球に不時着した姿のない宇宙人で、手っ取り早く体になるものを探し、たまたまそこにいた小鳥にはじめは乗り移っていたとのこと。

しかしその鳥が潰れて死んだ為、そばにいた椿の中身になった…と、椿らしからぬ人物(宇宙人)が話します。

 

そしてその宇宙人はちよに名前を付けてほしいと言います。

 

「心(しん)… サマ…」

 

いつも心の中で椿をそう呼んでいたちよは、自分が神様に椿を殺してくれと願ったせいでこんなことになったのではと泣きそうになりながらつぶやきます。

 

パワーが切れ、また会いに来ると言い残しバタっと眠りについた宇宙人、心サマ。

 

再び目を覚ました椿は、ちよを見るなり何も覚えておらず、いつもの毒舌を吐きその場を去ります。

 

その日から椿の体をした優しい宇宙人、心サマと、ちよの不思議な毎日が始まります。

 

スポンサードリンク


宇宙人が入り込んだ椿との関係!

 

椿の体を借りてちよに会いにくる心サマはとても優しく、ちよはそんな見た目は本物の椿、けれど中身は宇宙人の心サマとの間で心が揺れます。

 

一方、体を乗っ取られた椿はというと、心サマになっている間は記憶がなく、目が覚めるとおかしなことにいつもちよがそばにいることに疑問を感じ始めます。

 

ちよは椿からそんな疑問をぶつけられ、正直に事の次第を話しますが信じてもらえるわけもありません。

 

「嘘をついてまで気を引こうとするなんて最低」だと毒舌まで吐かれます。

 

椿から軽蔑されるほど嫌われてしまったちよは深く傷つきますが、心サマはそんなちよに優しく接します。

 

椿に話を信じてもらう為、心サマはちよと2人でいる姿を写真に撮り、椿宛てに直筆の手紙と、さらには椿のある部分に決定的な証拠を残しました。

 

それによりようやく事態を信じた椿は、怒りにあふれています。

そして、自分に乗り移っている宇宙人を「ころす」と宣言!

 

そんな椿に恐怖を抱き、ちよと離れたくない心サマ。

ちよだって本当は心サマのままの椿でいてほしいとどこかで願ってしまっていたことに気がつきます。

 

だけど…心サマによって椿の生活がめちゃめちゃになっていることも事実なんです。

 

「ちよは矛盾してるね」

 

心サマに痛いところを突かれたちよは、涙ぐみます。

 

「だって いつかは還ってしまうんでしょう…?」

 

心サマはそんなちよに優しくキスしますが、ちよの脳裏に椿を想う女子の顔がちらつき、心サマを突き飛ばします。

 

突き飛ばされた心サマはそのまま眠りにおち、目が覚めると……いつもの冷たい椿に戻っています。

 

ちよと椿は2人でラーメンを食べに行き、そこで椿は自分の頭の中で心サマの存在があることを話します。そんな話を聞いた椿は思います。

 

「殺されるのはオレじゃないのか?」

 

ちよは、椿と心サマとの間で揺れる自分の心の内を吐きだすかのように、学校の屋上で叫びます。

 

「心サマ!椿を解放してあげて!」

「私… 地球人のつめたい椿が大きらいだけど……大好きなの…」

 

そんなちよの姿をのぞき見していた椿と友人は、ちよの頭上でチカっとした光を見つけます。

 

その瞬間、光は大きくなり…危険を感じた椿はとっさにちよを引き寄せます。

 

抱き合った2人が目にしたものとは、一体…?!

 

見た目は同じ、けれど中身は毒舌男子、ときどき優しい宇宙人。

ちよ、椿、宇宙人の心サマ、謎の三角関係の行方はいかに!

 

ハニバニの2巻につづく!