新世界よりのネタバレと解説!漫画を無料で読む方法を紹介!

人生で1度は読んだほうがいいおすすめ漫画を紹介しています。

 

アニメと小説からファンになった「新世界より」の漫画1巻のネタバレと解説です。

 

内容がアニメと原作とも少し違う部分もあるので

ファンにとっては新世界よりの小説か、アニメか、漫画で

好きなものが分かれているようですね。

 

今回は新世界よりの漫画のネタバレと、考察をしていきます。

 

新世界よりの2巻や好きな巻を無料で読む方法については、以下で詳しくご紹介しています!

 

やり方は無料でもらえるポイントを使って読む方法なので、安心してくださいね♩

 

漫画を無料で読む方法はこちら

 

それでは、漫画オタクが現在大人気のこちらの作品の見どころをネタバレします!

 

新世界よりのネタバレと解説

 

登場人物の、早季、覚、真理亜、瞬、麗子は仲のいい友達でした。

 

ここは、新世界。

現代の筆者たちが暮らす日本よりも遥か先の未来の世界の話です。

 

早季たちの暮らす町は、人口が約3千人を超える程度の人が住んでいる。

 

町には3つの小学校があり、その上級学級に全人学級というものがあります。

 

小学校は、「呪力」が目覚めたごとに卒業し、全人学級で呪力を学ぶという決まりになっています。

 

卒業する時期は個人によって様々で、さらに呪力の力もそれぞれ違っていました。

 

主人公の早季は、この呪力が目覚めるのがみんなよりも遅かった。

 

両親が、早季の呪力が目覚めるのが遅いことに対し

過剰に心配していたのには理由があります。

 

それは……呪力が目覚めず小学校を卒業できない出来の悪い子は「ネコダマシ」という大きな猫にどこかへ連れていかれるという言い伝えがあるからです。

 

ある晩、早季はネコダマシが自分のところへやってきたのを目撃してしまいます。

しかし、危機一髪のところで呪力が目覚め、母親の助けもあり救われました。

 

そして見事、みんなが待っている全人学校へ進級したのですが、ここからあんな惨劇の幕開けになるなんて、想像もしていなかったのです。

 

新世界よりでは、このネコダマシの他に、バケネズミ、ミノシロモドキ、悪鬼、業魔というフレーズがとくに重要だと思います。

ここで簡単に解説をすると、バケネズミはある種族が改良されて作られた人間の知能に近い生き物(ネタバレになるのでこのあたりで)、さらにミノシロモドキとは新世界よりの世界での図書館の役割を果たすものです。

 

さらに、悪鬼とは簡単に言えば現代でいうサイコパスのような、人を殺すことを快楽と思ってしまう人間のこと。

そして、業魔とは、呪力の漏出が人よりも巨大で、それが人や世界に影響を及ぼすほどの力となってしまう人のことです。

 

新世界よりのアニメから入った人はこのあたりが気になってくるので、解説させていただきました。

ついに最初のネコダマシの餌食が…。

全人学級に進学すると、新しく守という優しい男の子も早季たちの一斑に加わっていました。

 

一斑のメンバーは、早季、真理亜、瞬、覚、守、そして麗子です。

 

しかし、麗子は呪力の力が弱く、うまく呪力を使えない落ちこぼれの生徒でした。

 

なんとかみんなで、麗子を救おうとしますが…

なんと恐れていたネコダマシが麗子を消してしまいます。

 

そして、あんなにみんなで団結して麗子のことを守ろうと言っていたのに…

残されたメンバーたちは気がつけば

麗子の存在が記憶から抹消されているのです。

 

このあたりはアニメでも描かれていて、新世界よりで非常にミステリアスなところ。

 

ネコダマシに消された友人は、子供達の記憶から消されてしまうのです。

 

これにより、のちのちですが、早季には本当は姉妹がいたことも発覚するのです…。

 

そして、新世界より1巻では、早季と真理亜がレズビアンのように絡むシーンがありますが、これにも理由があり、新世界よりの内容を深く表しているシーンでもあるため、注意が必要。

 

新世界よりでは、ボノボ式といって、子供を産めない年齢までは同性愛が「当たり前」だと思っている風習があります。

 

漫画の1巻では、瞬が1番呪力のちからがすごいこともわかりますが、これがのちのち…大きな事件となることに・・・!

 

さらに、漫画の冒頭で言っている真理亜の件ですが、真理亜こそ新世界よりでのもう1人のヒロインと言っても過言ではありません。

ラストには、多くの付箋が繋がり、衝撃をうける作品。

 

個人的には、新世界よりはアニメや漫画を見て意味が分からないことが多かったので、順番としては漫画⇨アニメ⇨小説だと、内容が分かってスッキリしますので、おすすめです。