自殺島のネタバレ&あらすじ!最終回結末と無料試し読み!

読んで面白かった漫画を紹介しています。

 

今回は、衝撃作!「自殺島」を読みました。

自殺を図った人間だけを集めて、生死をかけたサバイバルゲームをするという作品。

 

かなり読み応えがあり、いずれ実写映画化もありえるのでは?と思うほどの名作!

 

ここからネタバレになりますが、今ならこの漫画が以下のU-NEXTで31日以内なら全巻無料で読むことができます♩(H30年4月時点)

 

U-NEXTは人気漫画もたくさんあるし、漫画・映画・ドラマ・アニメの種類も豊富な超人気サイトなんです♩

 

31日以内に解約すれば無料なので試し読みには最高ですよー♩

 

自殺島の無料試し読みはこちらから

 

 

 

自殺島のネタバレ&あらすじ!死にたいって思ったときは?

 

主人公のセイは、薬と手首に傷をつけて死ぬことができず病院で生き延びた。

しかし、目を覚ますと・・・知らない島にいた。

 

他にも同じように自殺しようとした人たちが大勢、こん島に流れていた。

 

ここは一体・・・!?

そこで、日本の政府が極秘で行っている新しい制度を知ることになる。

 

自殺者の医療や社会復帰支援などの費用が国で支えられなくなってきた

殺すことも死ぬことも幇助はできないから、島流しにする

 

暮らしている人もいない、水もない、電気もないこの島で

死のうと思っていた人間たちが集まり最初の夜を迎える。

 

なかには島についてすぐに飛び降り自殺をはかった者もいる。

夜には、女性を強姦しようとする者もいる。

 

そんな自殺島での環境のなかで、生きられる希望は1つ。

 

「狩りや漁をして食料を確保するしかない」

 

死ぬことしか考えられなかった者たちは、残された人数でこれからどう生きていくのかを考え、行動していくことになる。

 

 

スポンサードリンク


 

セイの過去と美少女との出会い

 

セイは島で同じく自殺志願者だった女性を

純粋に「綺麗」だと思う。

 

しかしそれは、同時にセイの昔の辛い過去を思い出させる感情だった。

 

自殺島に流されてきた人のなかで

セイの昔の知り合いがいたり

リーダー格のリョウがいたり

その存在がセイを支える。

 

残されたメンバーたちで、森の食べられる木の実を採取したり

川で漁をしたりしてなんとか食料を確保するために頑張る。

 

しかし・・・ここは自殺島。

 

誰の助けも来なければ、今宵は秋なので食料が今は手に入るがじきに冬になる・・・。

 

冬になれば食べ物がなくなるという恐怖から

セイは身についている知恵をふりしぼり

鹿をとりに1人で山に入ることを決意する!

 

この作品は今まで読んだことがないくらい

サバイバルに忠実で、新感覚な作品です。

 

セイが死にたいと思っていた感情から

生きようと思っていくのが素晴らしいですし

仲間との別れや生と死について

よく考えさせられます。

 

深い内容がよみたいと思っている人には是非おすすめ!