BTOOOM!ブトゥーム漫画3巻のネタバレ&あらすじ!考察

読んで後悔しないおすすめのバトル&サバイバル系の少年漫画を紹介します!

 

今回漫画オタクの筆者が紹介するのは、アニメ化になったBTOOOM(ブトゥーム)の漫画コミックス第3巻のネタバレ&あらすじです。

 

 

ついに謎の美少女の女子高校生と再会した坂本。

味方になるのか?敵になるのか?

究極の展開の3巻をチェック!!

 




BTOOOM!(ブトゥーム)漫画3巻のネタバレ&あらすじ!

謎の女子高校生は、坂本を攻撃。

 

坂本は攻撃する気はないが、とにかくめちゃくちゃに攻撃してくる彼女をかわしている間に、彼女は自分のスタンガンで気を失ってしまいます。

 

坂本は眠って目を覚まさない女子高校生に、一瞬だけ性的欲求を感じるがそこであることに気がつきます。

 

男を異常に警戒している女子高校生、理由はおそらく…。

「この子…この島で男に襲われたんだ…」

突然この子の恐怖が理解できた坂本。

 

目を覚ました女子高校生が自らのBIMで死のうとしたことで、坂本は彼女のトラウマの辛さを知ります。

 

平と合流した坂本は、女子高校生を連れて一緒に夕食をとります。

そこで、彼女は言う。

「元の世界に帰ったとしても居場所がない」と…。

 

そしてそんな彼女から衝撃の言葉を聞く坂本。

 

「あたしたちは消えて欲しいものとして、身内の誰かに指名されてこの島にやってきたのよ」

 

消えてほしいものとして…名指しをうけて……。

 

その言葉を聞き、坂本竜太の脳裏にはなぜか母親がすぐに思い浮かんだ。

もしかして母親が自分をー・・・?

お互いを仲間として信用できるか?

 

そんな静かな夜を3人で過ごしていた時。

突然、島にいる大量のオオトカゲがハシモト、女子高校生(のちにヒミコ)、平さんを襲う‼︎

 

オオトカゲをみたヒミコは気を失ってしまい、そのため平さんがヒミコをかばい、足を負傷してしまいます。

 

足を負傷した平さんですが、気を失ったヒミコを残してはいけません。

そのため坂本がおんぶして、平さんはBIMや、食料を持つことに…。

全員生き残るために、誰一人残してはいけませんよね…。

 

しかし、仲間となった坂本と平さんですが

まだお互いを本当の意味で信用はできていない。

 

「なんで1人で逃げないのや?」

と歩きながら平さんは言います。

 

怪我をした中年男性、気を失っている女子高校生。

坂本にとって確かにお荷物にしかならない存在…。

 

しかし坂本はそんな言葉を言う平さんが、自分を試しているような気さえ感じていました。

 

そんなとき、オオトカゲに襲われそうになった坂本と女子高校生を、今度は平さんが自分のBIMを使って助けてくれた。

平さんの持っているBIMはホーミング形式だった。

 

お互いのBIMを明かさないという約束で仲間になったはずだが、自分のBIMを坂本に見せたということで、平さんが本当に坂本を信用してくれたことがわかった。

 

オオトカゲから逃れた3人は、見知らぬ廃墟に逃げ隠れる。

しかし……翌朝、平の足の怪我は恐ろしいほどひどくなっていたのだ。

 

男の体に触れられないヒミコを、なんとか坂本が説得し、2人で平さんの看病をした。

 

ようやく朝を迎えてほっと一息・・・。

しかし…また新たな敵の影が!

 

波乱の展開のこの続きはTOOOM4巻を是非読んでみるべしです!

アニメの続きが漫画原作では続いているので、かなり読み応えがあります♩