トモダチゲームのネタバレと無料試し読み!映画とドラマ化決定!

読んで面白かった少年漫画を紹介しています。

 

今回読んだのは、2017年に映画化&ドラマ化が決まっている「トモダチゲーム」。

 

ここからネタバレになりますが、先にトモダチゲームの漫画を無料試し読みする方法をご紹介しますね。

 

漫画オタクの筆者がおすすめするその漫画を無料で読む方法とは・・電子漫画の人気サイトU-NEXTを使用します♩

 

U-NEXTは人気漫画もたくさんあるし、漫画・映画・ドラマ・アニメの種類も豊富なので、今かなり人気のあるサイトなのですが・・・・U-NEXTをおすすめする最大の理由として、現在キャンペーン中の31日間無料登録をするだけで600ポイントがもらえることです!

 

そのポイントで600円分好きな漫画を購入することができるので、無料でこちらの作品も読むことができます。

 

31日使ってみてもっと作品を見たいと思ったらそのまま継続すればいいし、もう好きな作品を読んだからいらないと思えば、31日以内に解約をすれば無料になるので安心してくださいね。

トモダチゲームを無料試し読みする

 

 

トモダチゲームのネタバレ&あらすじ

 

「世の中には、お金より大切なものがあるのよ」

「・・・なに?」

「トモダチよ」

 

主人公の高校2年生である片桐友一は幼い頃のそんな母の言葉を覚えている。

 

そして、その言葉の教えどおり友一はお金よりも友情を何よりも大切にしています。

 

そんなある日のこと。

クラスで集めていた修学旅行費が盗まれてしまいます。

 

友一もやっとの思いで貯めた7万円が何者かに盗まれてショックを受けます。

 

すると、犯人は「うちのクラスにいる」と担任が言い出し、自然とみんなが周りを疑いだします。

 

それから数日たち、

友一と仲のいいメンバーの

学年トップの天才の美笠天智

刑事の娘で副委員長の沢良宜志法

政治家の息子でムードメーカーの四部誠

大人しくて巨乳の心木ゆとりは、

何者かに強制的に集めさせられます。

 

混乱するメンバーたちですが、案内人のマナブくんにより、『トモダチゲーム』というものを始めるように言われます!

 

トモダチゲームって何だよ!?

 

トモダチゲームのルール

5人の内誰かが2000万円の借金をしている

盗まれた修学旅行費はゲームの参加費200万円にあてられていた

5人は誰かの莫大な借金を返済するため1人400万円の借金を背負う

ゲームをクリアすると200万円が入る

トモダチを信じれば無事に借金が返済できる

 

ゲームに参加をしないと、参加費200万円も返済しないし、5人のうち誰かが背負っている2000万円の借金はそのまま1人が背負う。

 

逆にゲームに参加すれば、借金2000万円が5等分されてそれぞれに400万ずつ背負うが、ゲームによって減らすことができる。

 

こんな究極のデスゲームに招待されてしまったメンバーたち…。

 

 

スポンサードリンク


 

トモダチゲームが開始!裏切ってるのは誰?

 

5人は、誰が借金を背負っているのか…ということよりも、

トモダチゲームに参加することで借金を負った友達を救う!という決断をします。

 

しかし…これが間違いでした。

 

友達ゲームで行なわれたのは「こっくりさんゲーム」

 

質問をされたら5人は正しいと思う「はい」か「いいえ」を選択するというもの。

 

本当ならば、素直に選べばいいのですが…

このこっくりさんゲームには仕掛けがあります。

 

ゲームオーバーしたときに借金額が1番多かった人が全員分の借金を背負う、というシステム。

 

出題者は5人それぞれが描いてある神の問題を読みます。

本当ならばみんなが当然「正解」の答えに進めばいいのですが……

 

なぜか1問目から「ハズレ」の答えを1人選んだ人がいるのです。

 

1人のハズレの回答によって、トモダチゲームのルールから、強制的にハズレの答えが選択されてしまうシステムになっているため、1問目は全員が不正解となってしまいます。

 

そして友一は出題者になって、初めて5人のうち誰かが「ハズレ」をわざと選んだ理由を知ります。

 

出題者の問題は既に紙にかいてあるはずが…

そこに書いてあったのは

「問題は自分が考えろ」

さらにその下には・・・

 

・10円玉が「はい」に行けばゲームクリア

・10円玉が「いいえ」に行けば出題者が半額になる

 

というもの。

 

この2番目のルールによって、皆が「いいえ」を選んでいたことになります。

 

ということは…今まですべてハズレだったので出題者全員が裏切っていたのでは?

 

ここから主人公の友一は信じていた仲間たちに対し、疑心暗鬼になっていきます。

それが…このゲームの怖いところ…。

ゲームが進むにつれて、どんどん負債を背負っていく友一。

 

誰が嘘をついているのか?

友達って本当に信じれるの?

トモダチゲームを仕組んだ犯人と理由は?

 

筆者は基本的に友達はいらない主義(笑)なので、友達ゲームを実際に自分が行ったらもう誰も信じられないと思います(笑)

だけど、こういうリアルバトルゲームみたいな作品は読んでいてハラハラするので、とても面白かったです!

ハラハラ、ドキドキしたい人は是非読んでみてください。