学園アリスでその後の蛍は?最終回ラストの結末を解説!続編の歌劇団でわかる?

少女漫画の学園アリスといえば、知る人ぞ知る名作漫画。

そんな学園アリスの最終回結末が、漫画単行本コミックス31巻に描かれているわけですが、ラストで主要キャラだった蛍とお兄さんが時空をさまよったまま、見つからない状態で終わってしまいますので、その後が気になりますよね。

 

このラスト結末について、読者は「あれ?蛍は見つからないまま終わりなの?」とどうしても思ってしまうので、その後についてをまとめてみました!

続編の学園アリス歌劇団でわかるのかな?と続編もチェック!

 

学園アリスの最終回結末を解説するぜよ!!!!!

 

学園アリスのあらすじを簡単にネタバレ

 

学園アリスの魅力と見所をまずは振り返ってみましょう!

学園アリスの世界では、「アリス」というあらゆる特殊能力を持って生まれた人間と、普通の人間に分かれています。

親亡き12歳の女の子、主人公の蜜柑の親友の蛍はまさにこのアリスの能力者の1人でした。

アリスの能力があることを知られると、アリスを持っている子供だけが入学をするアリス学園に強制的に入らなくてはいけないのです。

 

そして、蜜柑は蛍とこうして別れることになったのですが、どうしても蛍に会いたくなった蜜柑は自らアリス学園まで行き自分を入学させてほしいと頼みます。

 

しかしのちにわかるのですが、今まで気づかなかっただけで蜜柑もまたアリスの能力者の1人だったのです。

 

こうして、蛍とも再会できアリス学園で蜜柑は様々な人と出会い、友情、恋愛を育んでゆくのです♩

 

恋愛も友情も泣けるストーリー

学園アリスでは、アリスの能力をもつ他の仲間との繋がりも熱いですが、なんといっても見所は蜜柑と棗の恋愛です!

最初は嫌い合っているふたりですが、棗の厳しい境遇のなかでの不器用な優しさに惹かれていく蜜柑。

そして、棗のほうも「いつか死んでしまうかもしれない」自分の体を持ちながらも見つけたたった1つの光のように、蜜柑への想いをふくらませていきます。

 

やはり王道の「ちょっと意地悪な男子と、おてんばで恋愛に不器用な女の子」という組み合わせからの、アリスの能力により死さえもよぎる展開が、なんといってもこの作品の魅力でしょう!

 

小学生編ではそこまで進まないですが、蜜柑と棗の恋が発展するのはやはり中学生編ですかね!

中等部に行ってからかなり大きく動くので、ルカぴょんの恋もだんだん切なさを増してゆくのです!

 

切なさあり、キュン展開ありなので、後半はかなり濃い内容になっていきます

 

最終回ラストの結末を解説

さて、そんな学園アリスの漫画は全31巻です。

最終回ラストの結末のあらすじをネタバレしてしまいますが、蜜柑はアリス学園から記憶を消された状態で去ることが決まってしまいます。

 

蜜柑のアリスはだんだん消えていくタイプのもので、ラストの戦いですべて使い切ってしまったので、もうアリス能力者ではないので仕方がないことなのです。

記憶を消されてしまうのは、アリス学園を出た後の蜜柑の身の安全のためです。

 

これで、蜜柑は自分がアリス能力者だったことも、アリス学園で出会った仲間、最愛の棗のことさえも本当に忘れてしまいます。

 

しかし、蜜柑が学校生活を送っていると、突然学校の友達だと思っていた女の子が、能力で返信していた五島さんだったのです!

五島はラストで小校長に操られていたので裏切り者のようにみえていましたが、本当は味方だったようで、蜜柑が外に出てからずっと護衛の代わりに友達に返信してずっとそばについていてくれたのです。

 

そして、ついに学園からの命によりナル先生、棗、ルカ、先輩たちが蜜柑を迎えにきました。

ここで、最初は記憶が戻らない蜜柑ですが、最後に蛍が渡してくれたアリスストーンによって、記憶を取り戻します!

 

その後の蛍は?続編の歌劇団でわかる?

そして、親友の蛍の消息についてですが、兄とともに蜜柑の最愛の人、棗の命を守った蛍。

蛍はそのせいでペナルティとしてみんなとともに生きることができなくなってしまいました。

アリス学園の最終回のラストで、蛍が見つかることなく蜜柑たちは「これから」蛍を探す冒険に出かけよう!というところで、終わってしまいます・・・・。

 

読者の率直な感想としては、

「最後なのに蛍出てこないの!?」

「いくら親友といっても、親友の好きな人を生き返らせるために犠牲になりすぎじゃない?」

という意見も多い・・・!

 

うぬ・・・・確かに!!!!

 

ちなみに、学園アリスの続編で発売されている学園アリスの歌劇団のほうで、この蛍のその後は描かれていません。

歌劇団のほうはまた別の登場人物の話になるので、蜜柑たちのストーリーではないのです。

 

ちなみに学園アリス歌劇団や、学園アリスの漫画原作があらためて気になる方は・・・学園アリスを31日間無料で以下から読むことができるので、最終巻など最新刊もあるので是非チェックしてみてくださいね!

学園アリスを無料で読む人はこちらから🔗

 

蛍のその後を探しにいくというストーリーで、学園アリスの続編をやってもいいんじゃないか?と思っている人も多いと思うので、そこはこれから作者にお願いするしかありません。

かなり名作感ある作品なだけに、ラストの蛍の消息がわからないままなのは悲しかった・・。

いやしかし、蜜柑は初めて学園アリスを訪れたのも蛍を追っていったんだよね・・また蛍をどこまでも探しておいかけるよ・・っていうのが最後の締めくくりなので、それはそれで良い結末だったのかもしれません。